住宅の任意売却|理想のリノベーション物件を発見するために不動産業者の力が必要

理想のリノベーション物件を発見するために不動産業者の力が必要

粘土の住宅

住宅の任意売却

積み木

住宅ローンが払えなくなると、滞納してから早ければ3ヶ月で、期限の利益を喪失し、保証会社が一括で住宅ローンを支払います。交渉相手が保証会社に代わったら、保証会社は競売の申し立てを行ないます。それから3ヶ月〜6ヶ月ほどで、競売入札が開始されます。こうなると、もう任意売却での解決はとても難しくなります。競売になると、物件が市場価格よりかなり低い額で売られてしまうので、デメリットが非常に大きいです。なお多額の借金が残ることもあります。そうなる前に、専門家に相談をして、任意売却の手続きを開始しましょう。任意売却では、物件がほぼ市場価格で売れ、売却後も借金が残っても、分割払いの相談が可能です。住宅ローンが払えなくなったら、できるだけ早くに任意売却の専門家に相談をしましょう。相談する時期が早いほど、できることは増えます。

任意売却には、物件がほぼ市場価格で売れるということ以外にも、メリットがたくさんあります。例えば、競売では近所に知られてしまう確率が高く、小さい子供がいる場合などは特に、精神的な負担が大きくなります。しかし、任意売却では、近所に知られることなく売却を行なえます。また、競売では売却したお金はすべて借金の返済に回されてしまいますが、任意売却では、交渉しだいで引越し費用などが捻出できます。さらに、競売ではその家に住み続けることはほぼ不可能ですが、任意売却では、家族間売買や親族間売買、理解のある投資家に買ってもらうなどで売却後もなおその家に住み続けられる可能性があります。任意売却には、債権者の同意が必要ですが、債権者にとってもメリットが大きい制度なので、ほとんどの場合同意が得られます。住宅ローンが払えなくなったら、ほうっておくとデメリットの大きい競売になってしまうので、素早く任意売却の専門家に相談をしましょう。